モーターサイクルの様に楽しむスタイル

スポーツバイクの楽しって乗って走ること

でも選ぶ基準は跨った時の格好良さじゃないですか?

ロードバイクの持つレーシーで如何にも速そうな感じもいいけど

中崎輪業ではFAIRDALE WEEKENDERの、枠に囚われない気軽なスタイルもオススメしています。

FAIRDALE WEEKENDER ARCHER

fwa01

fwa05

週末を楽しく過ごす、休日のたびに出かけたくなるようなワクワクさせる名前からもわかるようにWEEKENDERは自由なんです。

夏はTシャツ短パンで良いし、これからの季節なんかはダウンベストにジーパンだっていい

そんなホリデイスタイルで様になるのもFAIRDALEらしさ

fwa02

fwa03

がっしりした幅広のハンドルと全天候型のディスクブレーキはモーターバイクさながら

そう、今の自転車はディスクブレーキなんです。どんな路面状況でもしっかりと止まってくれるんだからちょっとしたオフロードでも大丈夫!

車に積んでキャンプ場からライドなんかがめっちゃ面白い!

そのためにも変速ギアの選択も大事です。

fwa07

fwa06

上り坂やぬかるんだ悪路では軽いギアに落としてみてください、スイスイガンガンびっくりさせる走りがここにあります。

逆に兵站路ではギアをあげて重くすればなかなか速い、そんな幅広い選択のギアスプロケットが使われています。

操作はグローブをした状態でも使いやすいトリガータイプのシフトレバーだからこれからの季節も快適

 

fwa04

標準のタイヤは700×42cと呼ばれるちょっと太めのタイヤ

でもフレームとのクリアランスはまだまだあるので、もうちょい太くして乗り味をソフトにしてみるのもきっと楽しい

 

こちらは16年モデルのWEEKENDER MX

WEEKENDER MX

fwm01

fwm04

fwm05

残念ながら今年からは無くなってしまったラインナップですが1台だけ確保してます。

よりモーターバイクらしいスタイルがすごく渋いですよね

 

店頭でちょっとだけカスタムして展示してます。

fwm03 fwm02

国産のフロントキャリアGAMHOとVANSのスニーカーのソールデザインのグリップでちょっとストリートな雰囲気をご提案

fwm06

WEEKENDER ARCHER \125,000+tax →10%OFF ¥112,500+tax
WEEKENDER  MX    \133,000+tax →20%OFF ¥106,400+tax

クロスバイクってロードバイクとMTBを足して2で割った自転車ってイメージですよね

比較的安価に作れるからちょっと前までは結構「安かろう悪かろう」なクロスバイクも溢れていてあんまり良いイメージを持ってない人が多いかもしれません

しかし最近では「コンフォート」や「シティーパス」なんて風に色んな呼び方をするようになってきて、各社がクロスバイクに力を入れるようになってきてたりします。

そんな中から自分にあった1台としてFAIRDALEのWEEKENDERを選んで頂けたら嬉しいです。

ROCKBIKES and SIXTH COMPONENTS 展示会

展示会レポート

当店で取り扱いしている大阪出身のストリートなバイクブランドROCKBIKES

rt01

街に溶け込むクールなカッコよさにバイブスがあがる。そんな唯一無二のブランドの展示会にお邪魔しました。

rt12 rt13

今回の展示会でのメインはROCKBIKESのオリジナルパーツブランドSIXTH COMPONENTSがリリースした豊富なカラーアッセンブルパーツ

ぶっちゃけカラーパーツってどうしても安っぽいメーカーのイメージが強くって倦厭しちゃいがち

しかしながら、それまでのイメージを払拭するパーツ達がそのに並んでいました。

rt09 rt10 rt08 rt11

ハンドルはロードドロップとブルホーンのラインナップ、ステムとシートポストで展開してます。

単純にべたっとした塗装とは違い、どこか透明感のある深いカラーが他所との違いを見せ付けてくれます。

そして今回の展示会の目玉だったんではないでしょうか、全9色の、、、

ホイール

CHARIS 150,000+tax

rt02

カラースポークのホイールって本当に紙一重、間違えるとチープでうるさい印象になるのに、こんなにもイメージの覆るホイールは初めて見ました。

スポーク数を減らし、一本一本を肉厚にすることで高級感と剛性の両立が可能になっています。かっこいい

rt03rt05 rt04

スポークの表面処理は金属感を残した荒い質感、ROCKBIKESが得意とするラグジュアリー感が上手く表現されています。

rt07 rt06

ホイールのグレードアップというとあるのはレース感溢れるものばかり、

レースにでるならそれもまあアリですが、アーバンサイクリストが求めるかっこよさとは必ずしもそうじゃない

日本、特に大阪の梅田や難波の摩天楼でいかに注目されるデザインか

その重要なポイントがSIXTH COMPONENTSのパーツにアウトプットされてます。

rt14

入門ピストのカスタム提案

手ごろな価格で始めれるシングルスピードの人気株

SCHWINN CUTTER ¥43,000+tax

sch10

入門といえども侮れない、基本を抑えた設計とアメリカらしいクールなルックスが人気のモデルです。

そんなSCHWINN CUTTERを中崎輪業ではカスタム展示車1台入荷中

コンセプトはダートライド風ピスト

sch01

大きな特徴はCUTTERの設計ギリギリまでタイヤを太くした700×38cのMAXXIS GYPSY ¥3,800+tax

sch02

通常の状態ではフレームにタイヤがこすっちゃうので、ハーフリンクチェーンで調整

sch05

ごつめのタイヤでパンクリスクにも強く、高いグリップ性能が路面状態を気にしないライドを提案

タイヤサイドにはリフレクションのラインが引かれ夜のライドでもかっこよく、そして安全に楽しめます。

 

そしてそんなごついタイヤには、やっぱしワイドなハンドル

幅780mmのタイオガロングホーンライザーバーを使用

 

TIOGA LONGHORN AL25 RISERBAR ¥4,800+tax

sch09

sch03

力強く車体をコントロールしながらもかっこよさをUP

 

そんなワイドなハンドルには同じようにロングなグリップ、ラフィアングリップでしょ!

ODI SNOWMOBILE 8″ RUFFIAN GRIP ¥2,350+tax

sch04

スノーモービル用のこの200mmオーバーのグリップは是非一度味わってもらいたい逸品です。

CUTTERの良い所は最初から固定orフリーのギアが選べる所

sch06 sch07

それぞれの楽しさを味わえるお得セットです。

 

乗りなれてきたらフェンダーをカスタムして公園や河川敷を楽しむのがオススメです。

sch08

ただ、ブレーキは泥詰まりに弱いキャリパーブレーキなのでメンテナンスも是非お願いします。

 

今回使用したパーツの合計はこちら

タイヤ MAXXIS GYPSY ¥3,800×2

チューブ ¥800×2

ハンドルバー TIOGA LONGHORN AL25 RISERBAR¥4,800

グリップ ODI SNOWMOBILE 8″ RUFFIAN GRIP ¥2,350

ハーフリンクチェーン¥400

合計 ¥16750+tax

新しいカタチ

最近、ロードやクロスバイクだけじゃなくピストのライダーにも広まりつつあるアイテム

「サドルバッグ」

大体の人が横に開くジッパーの付いた小さなバッグをイメージしてるんじゃないでしょうか?

そんなイメージを覆すスタイリッシュなサドルバッグを入荷中

ADEPT EQUIP WRAP

¥2,500+tax

as01

as06

ブラックとカモフラージュの2色展開のこのバッグ

お気づきの通りロールタイプデザインの珍しい形です。

サドルバッグにありがちな、中のものにアクセスし難い小さな取り出し口と違い、EQUIP WRAPは完全に開ききるデザインなので、一目見ただけで欲しいものが見つけ出せます。

as04

開くとマチの大きなポケットに工具類を整頓しやすいベルト、コインやカードなんかの収納にも便利なクリアポケットと使い方に幅があって驚くほど便利

 

 

そして肝心のサドル取り付け状態がこちら!

as02 as03

サドル裏に収まった姿も結構なかなかいい感じじゃないですか?

自転車への着脱も簡単にできるサイドリリースのバックルなので、EQUIP WRAP自体を簡易の財布としても利用できます。

as05

ロールタイプなのでこんなにも最大でこれぐらい大きくなります。

 

派手でスポーツ感のあるサドルバッグが苦手だった人なんかに提案したいオススメバッグの紹介でした。

 

ゴールデンウィークのツーリングはこっち!

ゴールデンウィークや夏休みにお盆休み

春から秋にかけての長期休暇は荷物を持って泊まりのロングライドがオススメ

自転車の醍醐味はレースだけじゃなくってキャンプや宿泊施設を利用したツーリングなんかも最近は注目されてますよね

そんなアウトドアな楽しみはFAIRDALE BIKESが打ってつけです。

fwd13

 

FAIRDALE

WEEKENDER DROP  ¥165,000+tax

fwd01

どんな路面状況でも走破するタフなタイヤ

天候に左右されず車体をコントロールできるディスクブレーキ

長時間のライドから身体への負担を軽減してくれるクロモリ製フレーム

まさに旅を楽しむのにうってつけな最高のバイクがWEEKENDER DROPです。

このバイクが目指すのはスピードの速さではないです。

 


 

前は1枚、後ろは10枚で構成されるギアは、トラブルの可能性をなるべく排除した上でアップダウンの大きな山道でも常に自転車に乗り続けられるようにとアッセンブルされています。

fwd02 fwd07


踏み面の大きなペダルは靴へのダメージも小さく、足への負担も軽減

fwd10


メカニカルディスクブレーキの中では定評のあるAVID BB7、よく効いてくれて尚且つ調整もし易い優れものです。

fwd08


使用コンポーネントはスラム、アメリカブランドらしいアッセンブルが全体の統一感を綺麗に纏めてくれています。

fwd09


ツーリングバイクとしての要、キャリア取り付けダボ穴とフェンダー取り付けダボ穴

バイクパッキングはツーリングカスタムは最近のマスト!

 

fwd06 fwd05 fwd04

 

 

 

当店では試乗用としてBLACKカラーを展示中、購入を検討する際には一度足を運んでみてください

fwd12

ゴールデンウィークのサイクリングはコレ!

長期休暇もそろそろ目前、仲間でサイクリングを計画している人も多いんじゃないでしょうか

最近、また再び注目されつつあるクロスバイク

その中でもちょっと変わってるモデル ROCKBIKESのPRIDEを各色入荷したので見に来て欲しいんです。

ROCKBIKES PRIDE Phase3 ¥88,000+tax

Neon Yellow / Silky Snow / Garnet RED

PP3301

PP3304 PP3303 PP3302

 

 

クロスバイクといえば横に真っ直ぐ伸びたフラットハンドルってイメージ

PRIDE Phase3は最初から特徴的なブルホーンハンドルにカスタム済み

PP3306

見た目のかっこよさだけじゃなく握るポイントが多いこのハンドル

色んなポジションで握れるから、自転車に長時間乗る時にすっごく楽なんです。

 

ギアは平坦路ではスピーディーに登り道では軽く走れる幅の広く使いやすいものを使用しています。

まさにツーリングから日常からコレ一台で抑えれるわけですね

PP3306

 

クロスバイクの良い所はやっぱり

気軽に始めれて、かっこよくて、普段の足にも便利

所謂万能タイプな自転車だからこれから始めたいけど失敗するのがちょっと怖いあなたにオススメです。

 

 

 

DIXNA バンディーハンドル

ドロップハンドルってかっこいいけど、ブレーキレバーが遠いししんどいなって人におススメのこいつ

rr605

DIXNA バンディーハンドル ¥5,800+tax

rr602

他のハンドルと比べて全体的にコンパクトな設計になっていてブレーキレバーが近くなる魔法のハンドル

rr601

浅めの作りなのでハンドル下部も握りやすく

rr604

程よくハの字に広がったセミドロップ構造がリラックスしたポジションでライディングできます。

自転車全体のシルエットを崩すことの無い考えられたデザイン

ツーリング系のバイクからレースバイクと幅広く使えて、今までポジションに困っていた小柄なライダーにもとてもおススメです。

rr603