セミアドベンチャーバイク

ここ数年ロードバイク一辺倒だった自転車業界に少しの変化が現れています。

レーススペックだけじゃない、もっと気楽に使える「デイユース」に即した自転車選びが増えて行きつつあります。

アスファルトの上で競う速さだけが自転車の楽しみってわけじゃないんじゃないかなと断言できます。

 

ROCKBIKESのGREEDは正に日常を楽しませてくれるバイクとしてよく考えられています。

 

 

ROCKBIKES GREED ¥92,500+tax

 

 

rg06 rg07

rg01

自転車の多くの利用者は通勤や通学、舗装されたアスファルトの上で走行することが何より多いと思います。

しかしGREEDのフィールドは、アスファルトに限りません

rg09 rg02

標準で27.5×1.50サイズのタイヤとディスクブレーキの組み合わせはマップのルートから外れる冒険心を擽ってくれます。

初めはちょっとした公園や河川敷から、次第にどんどんと色んな悪路に挑戦してみたくさせるタフネスさがこのバイクの特徴です。

rg11

無駄を省き、力強く踏めるシングルクランクは最近の主流となりつつあります。

 

rg03

正面から見たときが特にかっこいい、緩く左右にライズしたハンドルががっしりとしたハンドリングを可能にしてくれます。

 

 

rg10

舗装された平坦な道では高速に、悪路では安定した走りが可能な幅の広いギアを搭載しています。

 

中崎輪業では流行のNATO GREENの他に定番カラーのMAT BLACKを入荷中

 

rg08

この夏のアウトドアライフを是非このGREEDで刺激的に過ごしてください!

rg04

 

ニューカラー展示中

今、最も注目のバイクブランドROCKBIKES

ブランドラインナップの中でもベーシックなロードバイク、SPITFIREのニューカラーが中崎輪業で絶賛展示中です。

SPITFIRE ¥130,000+tax

rbsf06

今回、リリースされたカラーはこれまでよりも一層ストリート色の強いモノ

Arctic White

rbsf02

クリーンなホワイトカラーにあわせて厭らしくない大人びたゴールドの差し色が車体の高級感を際立たせています。

今回こちらバイクはカスタムモデルとして、SIXTHCOMPONENTSのパーツをアッセンブルして展示中

Amethyst

rbsf05

自転車が溢れる大阪の町でも一際目を引くカラーなのは間違いないアメジスト

深みのある紫の車体は正に「艶」

日の光の下ではメインカラーのパープルが

夜の街に出ればサブカラーのスカイブルーが主張します。

昼夜で見るものの印象が変わる特別な1台です。

 

他にも

ミリタリーな雰囲気を醸し出したBattleship Gray

rbsf04

定番カラーのMatte Blackもパーツのカラーをカスタムして展示中

rbsf03

乗り手のイメージを常に刺激し続けるROCKBIKES

その魅力はなにより塗装の丁寧さ

目に映る印象の他にも、長く乗り続け、クリーニングをした時にここの違いが如実に現れます。

 

rbsf08 rbsf07

為替の影響により値上げ間近!

ゴールデンウィーク期間中に限り現在の価格で頑張ります!

 

ゴールデンウィークのツーリングはこっち!

ゴールデンウィークや夏休みにお盆休み

春から秋にかけての長期休暇は荷物を持って泊まりのロングライドがオススメ

自転車の醍醐味はレースだけじゃなくってキャンプや宿泊施設を利用したツーリングなんかも最近は注目されてますよね

そんなアウトドアな楽しみはFAIRDALE BIKESが打ってつけです。

fwd13

 

FAIRDALE

WEEKENDER DROP  ¥165,000+tax

fwd01

どんな路面状況でも走破するタフなタイヤ

天候に左右されず車体をコントロールできるディスクブレーキ

長時間のライドから身体への負担を軽減してくれるクロモリ製フレーム

まさに旅を楽しむのにうってつけな最高のバイクがWEEKENDER DROPです。

このバイクが目指すのはスピードの速さではないです。

 


 

前は1枚、後ろは10枚で構成されるギアは、トラブルの可能性をなるべく排除した上でアップダウンの大きな山道でも常に自転車に乗り続けられるようにとアッセンブルされています。

fwd02 fwd07


踏み面の大きなペダルは靴へのダメージも小さく、足への負担も軽減

fwd10


メカニカルディスクブレーキの中では定評のあるAVID BB7、よく効いてくれて尚且つ調整もし易い優れものです。

fwd08


使用コンポーネントはスラム、アメリカブランドらしいアッセンブルが全体の統一感を綺麗に纏めてくれています。

fwd09


ツーリングバイクとしての要、キャリア取り付けダボ穴とフェンダー取り付けダボ穴

バイクパッキングはツーリングカスタムは最近のマスト!

 

fwd06 fwd05 fwd04

 

 

 

当店では試乗用としてBLACKカラーを展示中、購入を検討する際には一度足を運んでみてください

fwd12

ゴールデンウィークのサイクリングはコレ!

長期休暇もそろそろ目前、仲間でサイクリングを計画している人も多いんじゃないでしょうか

最近、また再び注目されつつあるクロスバイク

その中でもちょっと変わってるモデル ROCKBIKESのPRIDEを各色入荷したので見に来て欲しいんです。

ROCKBIKES PRIDE Phase3 ¥88,000+tax

Neon Yellow / Silky Snow / Garnet RED

PP3301

PP3304 PP3303 PP3302

 

 

クロスバイクといえば横に真っ直ぐ伸びたフラットハンドルってイメージ

PRIDE Phase3は最初から特徴的なブルホーンハンドルにカスタム済み

PP3306

見た目のかっこよさだけじゃなく握るポイントが多いこのハンドル

色んなポジションで握れるから、自転車に長時間乗る時にすっごく楽なんです。

 

ギアは平坦路ではスピーディーに登り道では軽く走れる幅の広く使いやすいものを使用しています。

まさにツーリングから日常からコレ一台で抑えれるわけですね

PP3306

 

クロスバイクの良い所はやっぱり

気軽に始めれて、かっこよくて、普段の足にも便利

所謂万能タイプな自転車だからこれから始めたいけど失敗するのがちょっと怖いあなたにオススメです。

 

 

 

ROCKBIKESシリーズ

大阪発のバイクブランド

ROCKBIKES

そのニューモデルをどかっと4台入荷しています。

4rb10

 

TOMAHAWK ¥165,000+tax

4rb03

エアロフレームにブルホーンハンドルとかなりアグレッシブなシルエット

スプリント性に長けた硬いアルミフレームが力強い加速を魅せてくれます。

4rb07

 

 

MELANCHOLY ¥85,000+tax

4rb02

先ほどののTOMAHAWKとは打って変わって、細くスタイリッシュなクロモリフレームのこちらのモデル

ライドシーンを選ばないスタイルが人気を博しています。

4rb06

 

SPITFIRE ¥130,000+tax

4rb04

ある意味ROCKBIKESのラインナップの中で、最もROCKBIKESらしくないモデル

しかしながら総合的に高いスペックが乗り手の楽しみにつながります。

4rb08

GREED  ¥90,000+tax

4rb01

サスペンション無しMTBの様なルックスからタフなバイクというのが伝わると思います。

油圧ディスクブレーキとごついタイヤで未舗装の道をガンガンと攻めてください

4rb05

 

 

通勤通学や夏休みのロングライド、人それぞれの自転車ライフをROCKBIKESで楽しんでみてください

4rb09

 

ハイボリュームで頼りがいのある

サイクリングに行く機会の増える春夏

出先のトラブルで多いパンクの準備はできてますか?

パンク修理の時に一番ネックなのが空気を入れる作業ですよね

ロード用の小さいポンプは携帯にはすごい便利やけど、全然入らんやんけ

シクロクロスやランドナー、クロスバイクといった太いタイヤのバイクがパンクした時、頼りになるこいつはどうでしょう

BLACKBURN OUTPOST HV ANYVALNE ¥5,800+tax

BBMP02

現在、市場で手に入るミニポンプで最大のエアボリューム

一般的なミニポンプと比べると一目瞭然

BBMP07

ポンプ本体のお尻にあるスイッチ「HV(ハイボリューム)」と「HP(ハイプレッシャー)」の切り替えで高容量と高圧の切り替えが可能

BBMP04BBMP05

700×42cのタイヤで試してみた所、僅か40ポンプ前後(高容量20/高圧20)で乗れる状態まで空気が入ります。

機能面はもちろんのこと、何より見てもらいたいのがデザイン性

取り付けたときのインパクトある大きさ

BBMP08

ブラックとブロンズの男らしいカラー

BBMP03

所有欲をくすぐるアイテムです。

エアロフレームが熱い

ROCKBIKESのスタートと共に発表され、ブランドのイメージとしても定着しているエアロフレーム

そのシングルスピードバイク『TOMAHAWK』の暴力的なデザインとそこからもたらされる加速感で視線を集めてください

ROCKBIKES TOMAHAWK \160,000+tax

rt01

 

速い自転車の条件とは何かと考えると『軽さ』に目が行きがちですが、STOP & GO の多い都市部で要となるのはフレームの『堅さ』

剣のように薄く延びたエアロ形状のこのフレームは一般的な他のフレームと違いしならず、ペダルを漕いだ時に発生するエネルギーがそのまま地面へと伝わる事で爆発的な加速に変換されます。

この形状的な堅さに加え、フレームの素材に軽量ながら堅さのあるアルミを使用すれば最早『最速のフレーム』

風を切り走る翼断面

 

rt04

パワーロスの少ないシングルスピード

rt02

 

このフレームさえ手に入れれば

誰だって速くなれます。

 

rt03

クールなカラー

以前もブログでご紹介したROCKBIKESのバージョンアップされたクロスバイク

PRIDE PHASE3

rbp01

日常的なライドを想定したクロスバイクだからこそ、一年を通して飽きさせないカラーリングで仕上げられています。

PRIDE phase3 / Blue Ash ¥88,000+tax

RP301

軟らかいカラーリングとは裏腹にプログレッシブな性能がこのバイクの大きな魅力じゃないでしょうか?

RP305

男心くすぐる、戦闘的な見た目のブルホーンハンドル

身体と車体を繋いでくれるので、力強いライディングがしたい人に超おススメ

 

 

RP309

毎日使う自転車だから雨や汚れにも強いフェイクレザーのサドルを使用

目につきやすいパーツだから、クールなデザインのものを

まるでカスタムしたかのような高級感を感じて欲しいです。

 

もちろんPRIDE phase3はあくまでクロスバイク

平坦な道では颯爽と駆け抜け、過酷な上り坂でも軽やかに

そんな豊富なギアをセットしています。

RP307

 

日本なんて大体アスファルト、とはいえ多少ボコボコに欠けた道もありますよね

700×28cのタイヤは軽く走ることができながらもタフなサイズじゃないかな?

もっと速く走りたい!って人は細く、より安定させたい!って人なら太くカスタムしてみるのもいいかも

RP308

 

グレーがかったトタンのようなブルー、他のメーカーではなかなか見られない特別なカラーリング

是非とも実際に目で見て選んでください

RP306

RP304

RP303

 

ガンガン使えるバイクがかっこいい

アメリカからクールで面白い1台

FAIRDALEBIKES WEEKENDER MX ¥133,000+tax

fdwm12

いかにもどこにだって行けそうな、そんな走破性の高い700×42cタイヤ

 

fdwm04

fdwm06

ギアはフロントが1枚と無駄をそぎ落とし、リアは9枚の幅広いギアを使用

アップダウンが頻繁にある大阪で楽しくライディングができます。

 

fdwm03

楽しく乗れる自転車は性能だけにあらず

デザインやグラフィックがどれだけかっこいいかだって大切なこと

自転車の顔ヘッドバッヂやフレームに描かれたグラフィックのデザインはFAIRDALEの大きな魅力

fdwm09

fdwm05

FAIRDALEのデザイナーでありプロのBMXライダーのTAJが描く動物たちはとてもかわいく愛着がわきますよね

 

そんなWEEKENDER MX

中崎輪業カスタムを施して販売しています。

fdwm01

よりストリート色の強いVANSのソールデザインのグリップ

fdwm14

最近日本でも流行りつつあるフロントキャリアでガンガン荷物を運んじゃってください

fdwm02

こちらのカスタムのままでお値段もそのまま

 

また、WEEKENDERシリーズの別モデル

WEEKENDER DROPのカスタム展示試乗車もありますので興味のある人はぜひ一度ご来店を

fdwm10