新しいカタチ

最近、ロードやクロスバイクだけじゃなくピストのライダーにも広まりつつあるアイテム

「サドルバッグ」

大体の人が横に開くジッパーの付いた小さなバッグをイメージしてるんじゃないでしょうか?

そんなイメージを覆すスタイリッシュなサドルバッグを入荷中

ADEPT EQUIP WRAP

¥2,500+tax

as01

as06

ブラックとカモフラージュの2色展開のこのバッグ

お気づきの通りロールタイプデザインの珍しい形です。

サドルバッグにありがちな、中のものにアクセスし難い小さな取り出し口と違い、EQUIP WRAPは完全に開ききるデザインなので、一目見ただけで欲しいものが見つけ出せます。

as04

開くとマチの大きなポケットに工具類を整頓しやすいベルト、コインやカードなんかの収納にも便利なクリアポケットと使い方に幅があって驚くほど便利

 

 

そして肝心のサドル取り付け状態がこちら!

as02 as03

サドル裏に収まった姿も結構なかなかいい感じじゃないですか?

自転車への着脱も簡単にできるサイドリリースのバックルなので、EQUIP WRAP自体を簡易の財布としても利用できます。

as05

ロールタイプなのでこんなにも最大でこれぐらい大きくなります。

 

派手でスポーツ感のあるサドルバッグが苦手だった人なんかに提案したいオススメバッグの紹介でした。

 

ゴールデンウィークのサイクリングはコレ!

長期休暇もそろそろ目前、仲間でサイクリングを計画している人も多いんじゃないでしょうか

最近、また再び注目されつつあるクロスバイク

その中でもちょっと変わってるモデル ROCKBIKESのPRIDEを各色入荷したので見に来て欲しいんです。

ROCKBIKES PRIDE Phase3 ¥88,000+tax

Neon Yellow / Silky Snow / Garnet RED

PP3301

PP3304 PP3303 PP3302

 

 

クロスバイクといえば横に真っ直ぐ伸びたフラットハンドルってイメージ

PRIDE Phase3は最初から特徴的なブルホーンハンドルにカスタム済み

PP3306

見た目のかっこよさだけじゃなく握るポイントが多いこのハンドル

色んなポジションで握れるから、自転車に長時間乗る時にすっごく楽なんです。

 

ギアは平坦路ではスピーディーに登り道では軽く走れる幅の広く使いやすいものを使用しています。

まさにツーリングから日常からコレ一台で抑えれるわけですね

PP3306

 

クロスバイクの良い所はやっぱり

気軽に始めれて、かっこよくて、普段の足にも便利

所謂万能タイプな自転車だからこれから始めたいけど失敗するのがちょっと怖いあなたにオススメです。

 

 

 

エアロフレームが熱い

ROCKBIKESのスタートと共に発表され、ブランドのイメージとしても定着しているエアロフレーム

そのシングルスピードバイク『TOMAHAWK』の暴力的なデザインとそこからもたらされる加速感で視線を集めてください

ROCKBIKES TOMAHAWK \160,000+tax

rt01

 

速い自転車の条件とは何かと考えると『軽さ』に目が行きがちですが、STOP & GO の多い都市部で要となるのはフレームの『堅さ』

剣のように薄く延びたエアロ形状のこのフレームは一般的な他のフレームと違いしならず、ペダルを漕いだ時に発生するエネルギーがそのまま地面へと伝わる事で爆発的な加速に変換されます。

この形状的な堅さに加え、フレームの素材に軽量ながら堅さのあるアルミを使用すれば最早『最速のフレーム』

風を切り走る翼断面

 

rt04

パワーロスの少ないシングルスピード

rt02

 

このフレームさえ手に入れれば

誰だって速くなれます。

 

rt03

人気のVANSカスタム

折角の春やし、長く乗った愛車もちょっと気分を変えてカスタムしてみませんか?

アメリカ生まれのスニーカーブランドVANS、自転車と関係なさそうだけど結構コラボしてるんです。

v03

 

VANSといえば、このクールなソール

それがそのまま自転車のグリップになっちゃってます。

CULT VANS/CULT WAFFLE GRIP ¥1,500+tax

inst01

v06

ソフトなグリップなので色んな形状のハンドルに使うことができます。

フラットハンドルはもちろんブルホーンやドロップにも選んでみてください

 

 

逆にしっかりロックしたいあなたはこっちかな

VANS LOCK-ON GRIPS ¥3,500+tax~¥3,800+tax

v02

v05

ビスでしっかり固定するロックオンタイプのグリップ

上のCULTグリップと比べると太さもしっかり握りやすいのが特徴です。

 

 

 

愛車のドレスアップはこんなところにも、VANSのスニーカーERAデザインのブレーキシュー

Kool Stop Vans Brake Shoe ¥1,280+tax

v01

v04

自転車のお洒落もやっぱ足元から、他の人とは違うカスタムで差をつけちゃってください

ROCKBIKES ROCKET NEWCOLOR入荷!

数あるエアロロードバイクの中でも特に普段の町乗りに特化し、その走る姿を見た人が目で追ってしまうほどの美しいフォルムの「アイツ」からニューカラーがリリースされました。

ROCKBIKES ROCKET Phase3

color : BabyBlue \165,000+tax

rr14

これまでのマットブラックのシックなイメージとは一転した爽やかなカラーリングは、その強烈なシルエットと合わさり更なるインパクトを見る人に与えます。

その特徴的なデザインも去ることながら、ROCKBIKESの大きな魅力の1つは、その抜け目の無いパーツアッセンブル

JAPANブランドとして、その他の海外ブランドには無い気遣いが随所に施されています。

湿気の多い国内での使用を想定してい為、ボルト一本からステンレス製の物を採用

rr15 rr16 rr17 rr18

そして自転車の中でも特に重要なパーツ達(メインコンポーネント)は、SHIMANOのミドルグレード「TIAGRA」

rr11

rr12

正直これはこの価格帯ではほぼ当たり前、大体のブランドはこんなもんです。

注目してほしいのはブレーキ

rr04

同じくSHIMANOの上位グレード「105」を採用し、乗り手の安全を第一に考えていることがわかります。

というのもこのROCKETは他のあらゆるロードバイクと比べ簡単に速度が上がる設計、その加速力を上手く乗りこなす為にスペックの高いブレーキを必要としているのです。

rr05

特にリアブレーキへのこだわりは強くフレームの下部に取り付けを行い、より一層エアロ性能に特化した仕様になっています。

 

そして今回、特徴的なのがフレームカラーと同色のシートポストとステム

rr09

rr10

通常は他ブランドパーツで組み上げる為、フレームカラーとあわせるのが難しい部分ですが

ROCKBIKESのオリジナルブランド「SIXTH COMPONENTS」のパーツを使用

自社でのデザインで車体の全体的な統一感を作り上げています。

この「SIXTH COMPONENTS」はその他各所に使用されており

ハンドルやクランク、サドルといった多くの部分に採用されています。

rr07

rr01

rr06

特に自転車に乗る際に長時間触れるサドルはバネのある薄いデザイン

まるでSF航空機のようなかっこよさと、ラグジュアリーなスエード生地が魅力を誘います。

rr08

 

全てにおいて妥協の跡が見えない、まるべスペックお化け

日本人の誇りとユーザーへの思いが詰まっています。

rr03

トラックバイクさながらのデザイン・カラー・シルエット・グラフィック

昼夜問わずにハッキリと目に焼き付けるBabyBlueのロケットを是非、あなたのモノにしてください