(2c)2bags 入荷!

今年5月、ブラジルから日本に発上陸したバッグブランド(2c)2

3e93015e14

そのストリート感溢れるルックスとコーデュラナイロンを使用したタフな品質が他バッグブランドを食ってしまうブームの片鱗を見せてきています。

2c203


(2c)2のフラッグシップモデル

ROLLTOP PRO 22.5l ¥19,000+tax 

          27l   ¥24,500+tax

2c209

 

ベーシックなサイズの22.5lと大容量27lの2サイズ

2c204

マチをしっかり確保したデザイン、そして尚且つロールトップ

使い切れないくらいのサイズ感を楽しむそれがこいつ

サイズはサイドのベルトで調整も可能、絞ってタイトに使うのもありかも

バックルやDリングが付いてるから自身で使いやすくカスタムできるのもかっこいい!

2c210

 

Uロックのストラップとしてもいいぞこれ

 

2c211

片側はクリアのアシンメトリーなポケット、このクリアポケットが(2c)2のトレードマーク

透け感あるポケットにどんなアイテムをいれようか悩ませてくれます。

 


Rooltop Drei ¥9,800+tax

2c206

男女問わず使えるコンパクトなサイズ感はキッズやジュニアにもいいかも

広げたときと締めたときの印象が一番変わるのがこのRooltop Drei

2c205

正面の大きなクリアポケットやサイドのメッシュポケットは小物をお洒落に見せるポイント

2c214

Uロックを引っ掛けたりポーチをつけたりと色々したくなるベルトもいいよね

何気にこのモデルが(2c)2で一番人気らしいですよ


Polo Pouch ¥5,900+tax

中崎輪業が一番オススメしたいのがこのバッグ

2c213

一見ただのヒップポーチだけど、実はこれ、、、

2c212

ハンドルバッグにもなるんです。

というか、取り付けれればフレームでもパニアとしてでもどこでも大丈夫

ハンドルにつければライド中でも気軽にバッグの中身にアクセスできるので◎

ワイド25cmなのでフラットハンドルはもちろんドロップハンドルでもブルホーンでも納まりやすくてちょうどいい感じ

2c207 2c208

財布と水、タオルなんかのライドの時に必要なちょっとした物を入れておくのに超便利ですね!

 

普段のお洒落からはもちろん、自転車のライドにもかっこいい(2c)2bags

本国ブラジルではCHROMEやmissionを凌ぐほどのメジャーブランド

でもまだまだ日本メジャーではないからこそ開拓したくなる

他人とは違うアイテムを持ちたいそんな人にオススメするブランドです。

2c202

 

 

入門ピストのカスタム提案

手ごろな価格で始めれるシングルスピードの人気株

SCHWINN CUTTER ¥43,000+tax

sch10

入門といえども侮れない、基本を抑えた設計とアメリカらしいクールなルックスが人気のモデルです。

そんなSCHWINN CUTTERを中崎輪業ではカスタム展示車1台入荷中

コンセプトはダートライド風ピスト

sch01

大きな特徴はCUTTERの設計ギリギリまでタイヤを太くした700×38cのMAXXIS GYPSY ¥3,800+tax

sch02

通常の状態ではフレームにタイヤがこすっちゃうので、ハーフリンクチェーンで調整

sch05

ごつめのタイヤでパンクリスクにも強く、高いグリップ性能が路面状態を気にしないライドを提案

タイヤサイドにはリフレクションのラインが引かれ夜のライドでもかっこよく、そして安全に楽しめます。

 

そしてそんなごついタイヤには、やっぱしワイドなハンドル

幅780mmのタイオガロングホーンライザーバーを使用

 

TIOGA LONGHORN AL25 RISERBAR ¥4,800+tax

sch09

sch03

力強く車体をコントロールしながらもかっこよさをUP

 

そんなワイドなハンドルには同じようにロングなグリップ、ラフィアングリップでしょ!

ODI SNOWMOBILE 8″ RUFFIAN GRIP ¥2,350+tax

sch04

スノーモービル用のこの200mmオーバーのグリップは是非一度味わってもらいたい逸品です。

CUTTERの良い所は最初から固定orフリーのギアが選べる所

sch06 sch07

それぞれの楽しさを味わえるお得セットです。

 

乗りなれてきたらフェンダーをカスタムして公園や河川敷を楽しむのがオススメです。

sch08

ただ、ブレーキは泥詰まりに弱いキャリパーブレーキなのでメンテナンスも是非お願いします。

 

今回使用したパーツの合計はこちら

タイヤ MAXXIS GYPSY ¥3,800×2

チューブ ¥800×2

ハンドルバー TIOGA LONGHORN AL25 RISERBAR¥4,800

グリップ ODI SNOWMOBILE 8″ RUFFIAN GRIP ¥2,350

ハーフリンクチェーン¥400

合計 ¥16750+tax

新しいカタチ

最近、ロードやクロスバイクだけじゃなくピストのライダーにも広まりつつあるアイテム

「サドルバッグ」

大体の人が横に開くジッパーの付いた小さなバッグをイメージしてるんじゃないでしょうか?

そんなイメージを覆すスタイリッシュなサドルバッグを入荷中

ADEPT EQUIP WRAP

¥2,500+tax

as01

as06

ブラックとカモフラージュの2色展開のこのバッグ

お気づきの通りロールタイプデザインの珍しい形です。

サドルバッグにありがちな、中のものにアクセスし難い小さな取り出し口と違い、EQUIP WRAPは完全に開ききるデザインなので、一目見ただけで欲しいものが見つけ出せます。

as04

開くとマチの大きなポケットに工具類を整頓しやすいベルト、コインやカードなんかの収納にも便利なクリアポケットと使い方に幅があって驚くほど便利

 

 

そして肝心のサドル取り付け状態がこちら!

as02 as03

サドル裏に収まった姿も結構なかなかいい感じじゃないですか?

自転車への着脱も簡単にできるサイドリリースのバックルなので、EQUIP WRAP自体を簡易の財布としても利用できます。

as05

ロールタイプなのでこんなにも最大でこれぐらい大きくなります。

 

派手でスポーツ感のあるサドルバッグが苦手だった人なんかに提案したいオススメバッグの紹介でした。

 

ストリートからダートまで

日本で、特に大阪で自転車ってのはただの移動手段になってしまってるけど、こいつに出会っちゃえば自転車へのイメージもガラッと変わってしまうと思う

FAIRDALEBIKE

TAJ

\87,000+tax

DSC06844

BMXだけど26インチ!一度漕ぎ出せば街乗りのクルージングはめちゃくちゃいい感じに走ってくれます。

こんなルックスなんですからダートももちろんOK、クロモリフレームにクロモリフォーク=めっちゃ頑丈!なんですから

DSC06872

DSC06873

傷を気にしてしまうアルミやカーボンの綺麗なバイクもいいけど、TAJはちょっと雑に扱うぐらいがかっこいい!

傷がついたらステッカーで隠して、またその上から傷ついて、どんどんダメージカスタムをしていってください

TAJを構成するパーツはFAIRDALEオリジナルパーツから、BMXの定番ブランドODYSSEYやSUNDAY等かなりのこだわりっぷり、もちろんここから更にカスタムで自分らしさを出しちゃってください

DSC06870 DSC06869

 

TAJはシングルスピード、変速機とかの複雑でデリケートな機構も無いので、毎日ハードに使う人にオススメ

DSC06874

 

自転車のあるライフスタイルをかっこよく見られたい、他人とは違うところを見せ付けたい!

是非ともこのTAJで思いっきり見せ付けちゃってください!

 

セミアドベンチャーバイク

ここ数年ロードバイク一辺倒だった自転車業界に少しの変化が現れています。

レーススペックだけじゃない、もっと気楽に使える「デイユース」に即した自転車選びが増えて行きつつあります。

アスファルトの上で競う速さだけが自転車の楽しみってわけじゃないんじゃないかなと断言できます。

 

ROCKBIKESのGREEDは正に日常を楽しませてくれるバイクとしてよく考えられています。

 

 

ROCKBIKES GREED ¥92,500+tax

 

 

rg06 rg07

rg01

自転車の多くの利用者は通勤や通学、舗装されたアスファルトの上で走行することが何より多いと思います。

しかしGREEDのフィールドは、アスファルトに限りません

rg09 rg02

標準で27.5×1.50サイズのタイヤとディスクブレーキの組み合わせはマップのルートから外れる冒険心を擽ってくれます。

初めはちょっとした公園や河川敷から、次第にどんどんと色んな悪路に挑戦してみたくさせるタフネスさがこのバイクの特徴です。

rg11

無駄を省き、力強く踏めるシングルクランクは最近の主流となりつつあります。

 

rg03

正面から見たときが特にかっこいい、緩く左右にライズしたハンドルががっしりとしたハンドリングを可能にしてくれます。

 

 

rg10

舗装された平坦な道では高速に、悪路では安定した走りが可能な幅の広いギアを搭載しています。

 

中崎輪業では流行のNATO GREENの他に定番カラーのMAT BLACKを入荷中

 

rg08

この夏のアウトドアライフを是非このGREEDで刺激的に過ごしてください!

rg04

 

ゴールデンウィークのツーリングはこっち!

ゴールデンウィークや夏休みにお盆休み

春から秋にかけての長期休暇は荷物を持って泊まりのロングライドがオススメ

自転車の醍醐味はレースだけじゃなくってキャンプや宿泊施設を利用したツーリングなんかも最近は注目されてますよね

そんなアウトドアな楽しみはFAIRDALE BIKESが打ってつけです。

fwd13

 

FAIRDALE

WEEKENDER DROP  ¥165,000+tax

fwd01

どんな路面状況でも走破するタフなタイヤ

天候に左右されず車体をコントロールできるディスクブレーキ

長時間のライドから身体への負担を軽減してくれるクロモリ製フレーム

まさに旅を楽しむのにうってつけな最高のバイクがWEEKENDER DROPです。

このバイクが目指すのはスピードの速さではないです。

 


 

前は1枚、後ろは10枚で構成されるギアは、トラブルの可能性をなるべく排除した上でアップダウンの大きな山道でも常に自転車に乗り続けられるようにとアッセンブルされています。

fwd02 fwd07


踏み面の大きなペダルは靴へのダメージも小さく、足への負担も軽減

fwd10


メカニカルディスクブレーキの中では定評のあるAVID BB7、よく効いてくれて尚且つ調整もし易い優れものです。

fwd08


使用コンポーネントはスラム、アメリカブランドらしいアッセンブルが全体の統一感を綺麗に纏めてくれています。

fwd09


ツーリングバイクとしての要、キャリア取り付けダボ穴とフェンダー取り付けダボ穴

バイクパッキングはツーリングカスタムは最近のマスト!

 

fwd06 fwd05 fwd04

 

 

 

当店では試乗用としてBLACKカラーを展示中、購入を検討する際には一度足を運んでみてください

fwd12

ゴールデンウィークのサイクリングはコレ!

長期休暇もそろそろ目前、仲間でサイクリングを計画している人も多いんじゃないでしょうか

最近、また再び注目されつつあるクロスバイク

その中でもちょっと変わってるモデル ROCKBIKESのPRIDEを各色入荷したので見に来て欲しいんです。

ROCKBIKES PRIDE Phase3 ¥88,000+tax

Neon Yellow / Silky Snow / Garnet RED

PP3301

PP3304 PP3303 PP3302

 

 

クロスバイクといえば横に真っ直ぐ伸びたフラットハンドルってイメージ

PRIDE Phase3は最初から特徴的なブルホーンハンドルにカスタム済み

PP3306

見た目のかっこよさだけじゃなく握るポイントが多いこのハンドル

色んなポジションで握れるから、自転車に長時間乗る時にすっごく楽なんです。

 

ギアは平坦路ではスピーディーに登り道では軽く走れる幅の広く使いやすいものを使用しています。

まさにツーリングから日常からコレ一台で抑えれるわけですね

PP3306

 

クロスバイクの良い所はやっぱり

気軽に始めれて、かっこよくて、普段の足にも便利

所謂万能タイプな自転車だからこれから始めたいけど失敗するのがちょっと怖いあなたにオススメです。

 

 

 

ハイボリュームで頼りがいのある

サイクリングに行く機会の増える春夏

出先のトラブルで多いパンクの準備はできてますか?

パンク修理の時に一番ネックなのが空気を入れる作業ですよね

ロード用の小さいポンプは携帯にはすごい便利やけど、全然入らんやんけ

シクロクロスやランドナー、クロスバイクといった太いタイヤのバイクがパンクした時、頼りになるこいつはどうでしょう

BLACKBURN OUTPOST HV ANYVALNE ¥5,800+tax

BBMP02

現在、市場で手に入るミニポンプで最大のエアボリューム

一般的なミニポンプと比べると一目瞭然

BBMP07

ポンプ本体のお尻にあるスイッチ「HV(ハイボリューム)」と「HP(ハイプレッシャー)」の切り替えで高容量と高圧の切り替えが可能

BBMP04BBMP05

700×42cのタイヤで試してみた所、僅か40ポンプ前後(高容量20/高圧20)で乗れる状態まで空気が入ります。

機能面はもちろんのこと、何より見てもらいたいのがデザイン性

取り付けたときのインパクトある大きさ

BBMP08

ブラックとブロンズの男らしいカラー

BBMP03

所有欲をくすぐるアイテムです。

エアロフレームが熱い

ROCKBIKESのスタートと共に発表され、ブランドのイメージとしても定着しているエアロフレーム

そのシングルスピードバイク『TOMAHAWK』の暴力的なデザインとそこからもたらされる加速感で視線を集めてください

ROCKBIKES TOMAHAWK \160,000+tax

rt01

 

速い自転車の条件とは何かと考えると『軽さ』に目が行きがちですが、STOP & GO の多い都市部で要となるのはフレームの『堅さ』

剣のように薄く延びたエアロ形状のこのフレームは一般的な他のフレームと違いしならず、ペダルを漕いだ時に発生するエネルギーがそのまま地面へと伝わる事で爆発的な加速に変換されます。

この形状的な堅さに加え、フレームの素材に軽量ながら堅さのあるアルミを使用すれば最早『最速のフレーム』

風を切り走る翼断面

 

rt04

パワーロスの少ないシングルスピード

rt02

 

このフレームさえ手に入れれば

誰だって速くなれます。

 

rt03

コスパなロードバイクを始めたい(連休に見に来て欲しいという熱いメッセージ)

これまでの自分と少しずつ変わってくる新生活

新しくロードバイクを始めたいと考えてる人も多いと思います。

でもロードバイクってどれを買えばいいのかわかんないですよね

そんな人に乗って欲しい1台を入荷しています。

ROCKBIKES SPITFIRE \130,000+tax

rbsf01

 

今、数あるショップで売られているロードバイクのほとんどはヨーロッパ等の海外ブランド

しかしROCKBIKESは日本人デザイナーによるジャパンブランド

 

「日本だから良い製品なんですよぉ」もちろんそうなんだけど、

このブランドばっかりはそんな簡単な理由だけじゃなくて

日本人が日本人の為に作っているからこそオススメできるんです。

rbsf03

 

アメリカやヨーロッパの人と日本人の大きな違いは言わずもかな、その頭身

足の長さ、腕の長さ、胴の長さ、その割合が全く違う人種が同じ自転車に気持ちよく乗れるのかな?ってだけの話

もちろんどのブランドも多様なサイズ展開で小さいサイズのロードバイクは作っていますが

「日本人?サイズ小さくしとけばいいんだ?HAHA」なんてことかもしれません

設計の段階から日本人の為にデザインされたROCKBIKESのロードバイクは、まるで自分の為に誂えたスーツのように違和感無く楽しむことができるんです。

 

 

設計思想はそれだけに留まりません

rr18

日本の湿度の高い気候や、狭く、信号や起伏の多い道路事情も加味し

錆び難いステンレス製のボルトの使用

信号で止まっても加速しやすく、狭い場所でも取り回しやすいコンパクトな車体と

様々なポイントで他ブランドとの違いを見せ付けてくれます。

 

rbsf02

ROCKBIKESというブランドが持つ「お客様に良いモノを知ってもらいたい」という理念から

同価格帯の他ブランドのロードバイクと比べて1ランク良いモノを作り続けています。

その自信は製品の保証にも表れています。ROCKBIKESの全モデルのフレームには生涯保障のプログラムが組まれており、販売店としても安心してお客様に提供できる自転車を作ってくれています。

 

とか珍しく、うちらしくも無い真面目な事を書いちゃったけど

僕としてはオススメの自転車ってなにより か っ こ い い かなんですよね

レース主体のスポーティーなグラフィックが多いロードバイクというジャンルの中で、ROCKBIKESのようなクールでアバンギャルドなデザインに他とは違う魅力を感じちゃいますね

rbsf04