エアロフレームが熱い

ROCKBIKESのスタートと共に発表され、ブランドのイメージとしても定着しているエアロフレーム

そのシングルスピードバイク『TOMAHAWK』の暴力的なデザインとそこからもたらされる加速感で視線を集めてください

ROCKBIKES TOMAHAWK \160,000+tax

rt01

 

速い自転車の条件とは何かと考えると『軽さ』に目が行きがちですが、STOP & GO の多い都市部で要となるのはフレームの『堅さ』

剣のように薄く延びたエアロ形状のこのフレームは一般的な他のフレームと違いしならず、ペダルを漕いだ時に発生するエネルギーがそのまま地面へと伝わる事で爆発的な加速に変換されます。

この形状的な堅さに加え、フレームの素材に軽量ながら堅さのあるアルミを使用すれば最早『最速のフレーム』

風を切り走る翼断面

 

rt04

パワーロスの少ないシングルスピード

rt02

 

このフレームさえ手に入れれば

誰だって速くなれます。

 

rt03

ROCKBIKES ROCKET NEWCOLOR入荷!

数あるエアロロードバイクの中でも特に普段の町乗りに特化し、その走る姿を見た人が目で追ってしまうほどの美しいフォルムの「アイツ」からニューカラーがリリースされました。

ROCKBIKES ROCKET Phase3

color : BabyBlue \165,000+tax

rr14

これまでのマットブラックのシックなイメージとは一転した爽やかなカラーリングは、その強烈なシルエットと合わさり更なるインパクトを見る人に与えます。

その特徴的なデザインも去ることながら、ROCKBIKESの大きな魅力の1つは、その抜け目の無いパーツアッセンブル

JAPANブランドとして、その他の海外ブランドには無い気遣いが随所に施されています。

湿気の多い国内での使用を想定してい為、ボルト一本からステンレス製の物を採用

rr15 rr16 rr17 rr18

そして自転車の中でも特に重要なパーツ達(メインコンポーネント)は、SHIMANOのミドルグレード「TIAGRA」

rr11

rr12

正直これはこの価格帯ではほぼ当たり前、大体のブランドはこんなもんです。

注目してほしいのはブレーキ

rr04

同じくSHIMANOの上位グレード「105」を採用し、乗り手の安全を第一に考えていることがわかります。

というのもこのROCKETは他のあらゆるロードバイクと比べ簡単に速度が上がる設計、その加速力を上手く乗りこなす為にスペックの高いブレーキを必要としているのです。

rr05

特にリアブレーキへのこだわりは強くフレームの下部に取り付けを行い、より一層エアロ性能に特化した仕様になっています。

 

そして今回、特徴的なのがフレームカラーと同色のシートポストとステム

rr09

rr10

通常は他ブランドパーツで組み上げる為、フレームカラーとあわせるのが難しい部分ですが

ROCKBIKESのオリジナルブランド「SIXTH COMPONENTS」のパーツを使用

自社でのデザインで車体の全体的な統一感を作り上げています。

この「SIXTH COMPONENTS」はその他各所に使用されており

ハンドルやクランク、サドルといった多くの部分に採用されています。

rr07

rr01

rr06

特に自転車に乗る際に長時間触れるサドルはバネのある薄いデザイン

まるでSF航空機のようなかっこよさと、ラグジュアリーなスエード生地が魅力を誘います。

rr08

 

全てにおいて妥協の跡が見えない、まるべスペックお化け

日本人の誇りとユーザーへの思いが詰まっています。

rr03

トラックバイクさながらのデザイン・カラー・シルエット・グラフィック

昼夜問わずにハッキリと目に焼き付けるBabyBlueのロケットを是非、あなたのモノにしてください