臨時休業のお知らせ

今週末、9月23日(土)

河内長野市で開催されるバイクイベント

「奥河内ブーン」の為、臨時休業いたします。

レースだけでなく様々な企業やお店が集まるブース出店

音楽イベントやキャンプイベントなど盛りだくさんなので興味のある方は是非

詳しくはこちら(http://okukawachi.link/

okb

20in 世界最小への挑戦は大阪のメーカーがしてるって知ってた?

先日のメーカー合同展示会で面白かったとあるひとつのメーカー

CARACLE 

crcl02

世界最コンパクトな20インチミニベロは他のどのブランドでもなくここなんです。

でも、この最小の魅力を伝えるのってなかなか難しい

正直僕も、ある程度小さくて軽かったらどれでも一緒やんって思ってました。

このスーツケースに入ってる自転車を見るまでは!

crcl03 crcl04

市販のスーツケースやコインロッカーに入ってくれる計算されたサイズ

縦65×横48×幅33cmがCARACLEの折りたたみサイズです。

なんか新しい匂いがぷんぷんとしてます。

新しいものが大好きな僕みたいな人間にこんなキャッチーな魅せ方はたまりませんね

実際に試乗もしてみると

なるほど!と唸ってしまうくらい、よく走るいい自転車です。

通常の自転車と変わらないしっかりとしたホイールベースは直進で十分に安定した走行ができます。

そして速度を出せるギアホイール

なんとなく「タイヤがちっちぇえからそんなにスピード出ないんでしょ?」と思われがちなミニベロですが

このギアとホイールの二つがしっかりしていればクロスバイクやロードバイクと変わらないんです。

鈴鹿や乗鞍といった有名レースでも入賞や優勝をするほどだから馬鹿にはできないです。

手を抜かないパーツ選びはまるでカスタム後の風格

crcl05 crcl06 crcl07 crcl08

だからこそ重量も軽く、通常で10.8kgとなかなか軽量、折角の最小ミニベロなんやから軽くないと運べないですからね

スーツケースだけじゃなく、もっと持ち運びに便利な専用の輪行袋などオプションアイテムが色々あります。

なんか常に開発と研究をしてるみたいです。

crcl10 crcl09

 

とここまで紹介しましたが中崎輪業の店頭に実車はないです。ごめんなさい

でも!

お問い合わせいただければ、試乗車を取り寄せテストライドをセッティングします!

大阪のキタエリアではあまり見るチャンスも無いので、実際に触れて、乗ってみて、ご検討ください

その際にお持ちのキャリーケースを持っていただければ、実際にに入るかのチャレンジもできるので是非!

FAIRDALE 2018NEW

先日、お邪魔したモトクロスインターナショナル様の2018展示会

fdt07

残念ながらFAIRDALEの来年モデルの実車は見れませんでしたが、一足先にカタログは入荷

来年は全8モデル+α

fdt01 - コピー

FAIRDALEらしい明るい雰囲気のバイクたちはどれも遊び心を日常に取り入れてくれています。

今年2017年と比べたら、ちょっと手の出しやすい価格のバイクも増えたので

中崎輪業ではFAIRDALEの店頭在庫をSALE中

fdt02 fdt03 fdt04 fdt05

どのモデルも現金でのご購入に限り、定価より10%OFF!もちろん早い者勝ちです。

来年からは無くなる特別なカラー達

20172018どちらがクールかは是非店頭の最新カタログからもご検討ください!

fdt08

ROCKBIKES and SIXTH COMPONENTS 展示会

展示会レポート

当店で取り扱いしている大阪出身のストリートなバイクブランドROCKBIKES

rt01

街に溶け込むクールなカッコよさにバイブスがあがる。そんな唯一無二のブランドの展示会にお邪魔しました。

rt12 rt13

今回の展示会でのメインはROCKBIKESのオリジナルパーツブランドSIXTH COMPONENTSがリリースした豊富なカラーアッセンブルパーツ

ぶっちゃけカラーパーツってどうしても安っぽいメーカーのイメージが強くって倦厭しちゃいがち

しかしながら、それまでのイメージを払拭するパーツ達がそのに並んでいました。

rt09 rt10 rt08 rt11

ハンドルはロードドロップとブルホーンのラインナップ、ステムとシートポストで展開してます。

単純にべたっとした塗装とは違い、どこか透明感のある深いカラーが他所との違いを見せ付けてくれます。

そして今回の展示会の目玉だったんではないでしょうか、全9色の、、、

ホイール

CHARIS 150,000+tax

rt02

カラースポークのホイールって本当に紙一重、間違えるとチープでうるさい印象になるのに、こんなにもイメージの覆るホイールは初めて見ました。

スポーク数を減らし、一本一本を肉厚にすることで高級感と剛性の両立が可能になっています。かっこいい

rt03rt05 rt04

スポークの表面処理は金属感を残した荒い質感、ROCKBIKESが得意とするラグジュアリー感が上手く表現されています。

rt07 rt06

ホイールのグレードアップというとあるのはレース感溢れるものばかり、

レースにでるならそれもまあアリですが、アーバンサイクリストが求めるかっこよさとは必ずしもそうじゃない

日本、特に大阪の梅田や難波の摩天楼でいかに注目されるデザインか

その重要なポイントがSIXTH COMPONENTSのパーツにアウトプットされてます。

rt14

(2c)2bags 入荷!

今年5月、ブラジルから日本に発上陸したバッグブランド(2c)2

3e93015e14

そのストリート感溢れるルックスとコーデュラナイロンを使用したタフな品質が他バッグブランドを食ってしまうブームの片鱗を見せてきています。

2c203


(2c)2のフラッグシップモデル

ROLLTOP PRO 22.5l ¥19,000+tax 

          27l   ¥24,500+tax

2c209

 

ベーシックなサイズの22.5lと大容量27lの2サイズ

2c204

マチをしっかり確保したデザイン、そして尚且つロールトップ

使い切れないくらいのサイズ感を楽しむそれがこいつ

サイズはサイドのベルトで調整も可能、絞ってタイトに使うのもありかも

バックルやDリングが付いてるから自身で使いやすくカスタムできるのもかっこいい!

2c210

 

Uロックのストラップとしてもいいぞこれ

 

2c211

片側はクリアのアシンメトリーなポケット、このクリアポケットが(2c)2のトレードマーク

透け感あるポケットにどんなアイテムをいれようか悩ませてくれます。

 


Rooltop Drei ¥9,800+tax

2c206

男女問わず使えるコンパクトなサイズ感はキッズやジュニアにもいいかも

広げたときと締めたときの印象が一番変わるのがこのRooltop Drei

2c205

正面の大きなクリアポケットやサイドのメッシュポケットは小物をお洒落に見せるポイント

2c214

Uロックを引っ掛けたりポーチをつけたりと色々したくなるベルトもいいよね

何気にこのモデルが(2c)2で一番人気らしいですよ


Polo Pouch ¥5,900+tax

中崎輪業が一番オススメしたいのがこのバッグ

2c213

一見ただのヒップポーチだけど、実はこれ、、、

2c212

ハンドルバッグにもなるんです。

というか、取り付けれればフレームでもパニアとしてでもどこでも大丈夫

ハンドルにつければライド中でも気軽にバッグの中身にアクセスできるので◎

ワイド25cmなのでフラットハンドルはもちろんドロップハンドルでもブルホーンでも納まりやすくてちょうどいい感じ

2c207 2c208

財布と水、タオルなんかのライドの時に必要なちょっとした物を入れておくのに超便利ですね!

 

普段のお洒落からはもちろん、自転車のライドにもかっこいい(2c)2bags

本国ブラジルではCHROMEやmissionを凌ぐほどのメジャーブランド

でもまだまだ日本メジャーではないからこそ開拓したくなる

他人とは違うアイテムを持ちたいそんな人にオススメするブランドです。

2c202