人気のVANSカスタム

折角の春やし、長く乗った愛車もちょっと気分を変えてカスタムしてみませんか?

アメリカ生まれのスニーカーブランドVANS、自転車と関係なさそうだけど結構コラボしてるんです。

v03

 

VANSといえば、このクールなソール

それがそのまま自転車のグリップになっちゃってます。

CULT VANS/CULT WAFFLE GRIP ¥1,500+tax

inst01

v06

ソフトなグリップなので色んな形状のハンドルに使うことができます。

フラットハンドルはもちろんブルホーンやドロップにも選んでみてください

 

 

逆にしっかりロックしたいあなたはこっちかな

VANS LOCK-ON GRIPS ¥3,500+tax~¥3,800+tax

v02

v05

ビスでしっかり固定するロックオンタイプのグリップ

上のCULTグリップと比べると太さもしっかり握りやすいのが特徴です。

 

 

 

愛車のドレスアップはこんなところにも、VANSのスニーカーERAデザインのブレーキシュー

Kool Stop Vans Brake Shoe ¥1,280+tax

v01

v04

自転車のお洒落もやっぱ足元から、他の人とは違うカスタムで差をつけちゃってください

ガンガン使えるバイクがかっこいい

アメリカからクールで面白い1台

FAIRDALEBIKES WEEKENDER MX ¥133,000+tax

fdwm12

いかにもどこにだって行けそうな、そんな走破性の高い700×42cタイヤ

 

fdwm04

fdwm06

ギアはフロントが1枚と無駄をそぎ落とし、リアは9枚の幅広いギアを使用

アップダウンが頻繁にある大阪で楽しくライディングができます。

 

fdwm03

楽しく乗れる自転車は性能だけにあらず

デザインやグラフィックがどれだけかっこいいかだって大切なこと

自転車の顔ヘッドバッヂやフレームに描かれたグラフィックのデザインはFAIRDALEの大きな魅力

fdwm09

fdwm05

FAIRDALEのデザイナーでありプロのBMXライダーのTAJが描く動物たちはとてもかわいく愛着がわきますよね

 

そんなWEEKENDER MX

中崎輪業カスタムを施して販売しています。

fdwm01

よりストリート色の強いVANSのソールデザインのグリップ

fdwm14

最近日本でも流行りつつあるフロントキャリアでガンガン荷物を運んじゃってください

fdwm02

こちらのカスタムのままでお値段もそのまま

 

また、WEEKENDERシリーズの別モデル

WEEKENDER DROPのカスタム展示試乗車もありますので興味のある人はぜひ一度ご来店を

fdwm10

New Color Release

日本国内、さらに言えば大阪において一番求められる自転車はレース的なモノではなくスタイルの格好良さ

毎日の通勤や、休日のショッピングの交通手段としてはオーバーに見えてしまうスポーツ感よりも、街中に溶け込むスマートな格好良さが選ばれるのは必然じゃないでしょうか?

ROCKBIKESはそういったストリートでの格好良さを強く意識したブランドとして認知度を高めています。

ev02

ROCKBIKES ENVY

Gunmetal Grey ¥125,000+TAX

ROCKBIKESのプロダクツの中でも最初期から人気の高いモデルの一つ「ENVY」に新たなカラー Gunmetal Greyが本日加わったので紹介

ENVYの特徴はその細く真っ直ぐ伸びたダイヤモンドフレーム

高級感溢れるガンメタリックのカラーは相性もよく、他にはない都会的なカッコよさを楽しませてくれます。

ev12

数あるブランドのクロモリフレームの中でも殊更細く、そして水平を保った大きな三角形が兎に角カッコいい

そしてその細いフレームを更に格好良く見せる。手書きのように刻まれた「ENVY]の文字がより一層ラグジュアリーな雰囲気を醸し出します。

ev10

ライン取りしたメーカーロゴは主張しながらも全体の雰囲気を崩さないデザイン

ev08

そして今ではあまり見かけない重厚で男くさいヘッドバッヂにメーカの拘りとプライドを感じ取れます。

ev09

これでもかというくらいフレームギリギリにまで近づけたホイールはそのフレームの精度の高さを物語っています。振動吸収に優れたクロモリフレームながら力強いばねの効果で加速力を実現しているROCKBIKESの秘密がここにあります。

ev05

 

ROCKBIKES全てのモデル共通で使用されている独自パーツブランド「SIXTH COMPONENTS」は持ち主の感性に訴えかけるデザインと高い品質を持ち合わせています。

ev07

ev06

最早説明なしで写真だけで感じ取ってもらいたい魅力的なデザイン

特にこのSIXTH COMPONENTSのスエード生地のサドルは単体商品としても人気の高いもの

ev03

当店がこのROCKBIKESを取り扱い続ける理由はそのデザイン性の高さだけではなくて

ストリートブランドだからといって妥協しない高い品質と隠れた拘りにあります。

メインコンポーネントにSHIMANOのミドルグレード「Tiagra」細かく高い変速性能を発揮してくれる物が使われています。

ev11

ev04

ROCKBIKESの高い品質は使用されるパーツだけではなく、お客様の手に渡るまで、そして手に渡った後にも引き継がれます。

日本人スタッフによる製品チェックや使用箇所によって使い分けたグリス、そしてフレームの保障として一生涯の保障が受けれます。

デザインだけじゃない、高い品質をお客様に届けることができるのがお店としても安心ですよね

 

ROCKBIKES ROCKET NEWCOLOR入荷!

数あるエアロロードバイクの中でも特に普段の町乗りに特化し、その走る姿を見た人が目で追ってしまうほどの美しいフォルムの「アイツ」からニューカラーがリリースされました。

ROCKBIKES ROCKET Phase3

color : BabyBlue \165,000+tax

rr14

これまでのマットブラックのシックなイメージとは一転した爽やかなカラーリングは、その強烈なシルエットと合わさり更なるインパクトを見る人に与えます。

その特徴的なデザインも去ることながら、ROCKBIKESの大きな魅力の1つは、その抜け目の無いパーツアッセンブル

JAPANブランドとして、その他の海外ブランドには無い気遣いが随所に施されています。

湿気の多い国内での使用を想定してい為、ボルト一本からステンレス製の物を採用

rr15 rr16 rr17 rr18

そして自転車の中でも特に重要なパーツ達(メインコンポーネント)は、SHIMANOのミドルグレード「TIAGRA」

rr11

rr12

正直これはこの価格帯ではほぼ当たり前、大体のブランドはこんなもんです。

注目してほしいのはブレーキ

rr04

同じくSHIMANOの上位グレード「105」を採用し、乗り手の安全を第一に考えていることがわかります。

というのもこのROCKETは他のあらゆるロードバイクと比べ簡単に速度が上がる設計、その加速力を上手く乗りこなす為にスペックの高いブレーキを必要としているのです。

rr05

特にリアブレーキへのこだわりは強くフレームの下部に取り付けを行い、より一層エアロ性能に特化した仕様になっています。

 

そして今回、特徴的なのがフレームカラーと同色のシートポストとステム

rr09

rr10

通常は他ブランドパーツで組み上げる為、フレームカラーとあわせるのが難しい部分ですが

ROCKBIKESのオリジナルブランド「SIXTH COMPONENTS」のパーツを使用

自社でのデザインで車体の全体的な統一感を作り上げています。

この「SIXTH COMPONENTS」はその他各所に使用されており

ハンドルやクランク、サドルといった多くの部分に採用されています。

rr07

rr01

rr06

特に自転車に乗る際に長時間触れるサドルはバネのある薄いデザイン

まるでSF航空機のようなかっこよさと、ラグジュアリーなスエード生地が魅力を誘います。

rr08

 

全てにおいて妥協の跡が見えない、まるべスペックお化け

日本人の誇りとユーザーへの思いが詰まっています。

rr03

トラックバイクさながらのデザイン・カラー・シルエット・グラフィック

昼夜問わずにハッキリと目に焼き付けるBabyBlueのロケットを是非、あなたのモノにしてください