FAIRDALE 2018NEW

先日、お邪魔したモトクロスインターナショナル様の2018展示会

fdt07

残念ながらFAIRDALEの来年モデルの実車は見れませんでしたが、一足先にカタログは入荷

来年は全8モデル+α

fdt01 - コピー

FAIRDALEらしい明るい雰囲気のバイクたちはどれも遊び心を日常に取り入れてくれています。

今年2017年と比べたら、ちょっと手の出しやすい価格のバイクも増えたので

中崎輪業ではFAIRDALEの店頭在庫をSALE中

fdt02 fdt03 fdt04 fdt05

どのモデルも現金でのご購入に限り、定価より10%OFF!もちろん早い者勝ちです。

来年からは無くなる特別なカラー達

20172018どちらがクールかは是非店頭の最新カタログからもご検討ください!

fdt08

ROCKBIKES and SIXTH COMPONENTS 展示会

展示会レポート

当店で取り扱いしている大阪出身のストリートなバイクブランドROCKBIKES

rt01

街に溶け込むクールなカッコよさにバイブスがあがる。そんな唯一無二のブランドの展示会にお邪魔しました。

rt12 rt13

今回の展示会でのメインはROCKBIKESのオリジナルパーツブランドSIXTH COMPONENTSがリリースした豊富なカラーアッセンブルパーツ

ぶっちゃけカラーパーツってどうしても安っぽいメーカーのイメージが強くって倦厭しちゃいがち

しかしながら、それまでのイメージを払拭するパーツ達がそのに並んでいました。

rt09 rt10 rt08 rt11

ハンドルはロードドロップとブルホーンのラインナップ、ステムとシートポストで展開してます。

単純にべたっとした塗装とは違い、どこか透明感のある深いカラーが他所との違いを見せ付けてくれます。

そして今回の展示会の目玉だったんではないでしょうか、全9色の、、、

ホイール

CHARIS 150,000+tax

rt02

カラースポークのホイールって本当に紙一重、間違えるとチープでうるさい印象になるのに、こんなにもイメージの覆るホイールは初めて見ました。

スポーク数を減らし、一本一本を肉厚にすることで高級感と剛性の両立が可能になっています。かっこいい

rt03rt05 rt04

スポークの表面処理は金属感を残した荒い質感、ROCKBIKESが得意とするラグジュアリー感が上手く表現されています。

rt07 rt06

ホイールのグレードアップというとあるのはレース感溢れるものばかり、

レースにでるならそれもまあアリですが、アーバンサイクリストが求めるかっこよさとは必ずしもそうじゃない

日本、特に大阪の梅田や難波の摩天楼でいかに注目されるデザインか

その重要なポイントがSIXTH COMPONENTSのパーツにアウトプットされてます。

rt14

愛車のフレームクリーニング

梅雨の季節も終わり増えてきた人気のサービス

フレームクリーニング

こちらのサービス、結構皆さんに喜んでいただいています。

今回は手放す予定のGTのロードをオークション等での写真栄えを考えてクリーニング

bc01

一見、綺麗な艶有りホワイトですが、

bc02 bc03 bc04 bc05

各部、いい感じに汚れが蓄積されています。

作業内容は兎に角手拭き&手磨き

一見効率も悪そうな作業ですが、直接触れてクリーニングすることで通常では落ち難い傷汚れなどもクリアできます。

終えたフレームがこちら

bc06 bc07 bc08 bc09

くすみも消え、新品!とまでは行かないまでも買って1年くらいの自転車にも見えちゃいます。

もちろん車体の状態にもよりますが、元の塗装がしっかりしている車体ならば同じくらい綺麗にできます。

この後、ワックスコーディングをすれば完了!

中崎輪業では、クリーニング&ワックスコーティング ¥1500+taxで行っております。

 

新しいカタチ

最近、ロードやクロスバイクだけじゃなくピストのライダーにも広まりつつあるアイテム

「サドルバッグ」

大体の人が横に開くジッパーの付いた小さなバッグをイメージしてるんじゃないでしょうか?

そんなイメージを覆すスタイリッシュなサドルバッグを入荷中

ADEPT EQUIP WRAP

¥2,500+tax

as01

as06

ブラックとカモフラージュの2色展開のこのバッグ

お気づきの通りロールタイプデザインの珍しい形です。

サドルバッグにありがちな、中のものにアクセスし難い小さな取り出し口と違い、EQUIP WRAPは完全に開ききるデザインなので、一目見ただけで欲しいものが見つけ出せます。

as04

開くとマチの大きなポケットに工具類を整頓しやすいベルト、コインやカードなんかの収納にも便利なクリアポケットと使い方に幅があって驚くほど便利

 

 

そして肝心のサドル取り付け状態がこちら!

as02 as03

サドル裏に収まった姿も結構なかなかいい感じじゃないですか?

自転車への着脱も簡単にできるサイドリリースのバックルなので、EQUIP WRAP自体を簡易の財布としても利用できます。

as05

ロールタイプなのでこんなにも最大でこれぐらい大きくなります。

 

派手でスポーツ感のあるサドルバッグが苦手だった人なんかに提案したいオススメバッグの紹介でした。

 

WEEKEND ADVENTURE BICYCLE

自転車の「楽しさ」をめいっぱい詰め込んだ。そんなバイクで、旅をしてみませんか?

FAIRDALE

WEEKENDER DROP

\165,000+tax

fwd01

カーボンを使い、エアロ形状に拘ったハイスペックなロードバイク

そんなレース的価値に偏ったバイクが多い中、FAIRDALEWEEKENDERには自転車が本来持つ自由な楽しさが詰め込まれています。

fwd04fwd05 fwd07

長時間のライドでも疲れないクロモリフレーム

路面の状態に左右されない、安定感ある太いタイヤ

あらゆる荷物を詰める拡張性

積載量(車重)に関わらずしっかりとした制動力を生むディスクブレーキ

あとはここにちょっとの冒険心をプラスすればWEEKENDERはあなたについてきてくれます。

fwd03fwd02

軽装で気軽な1DAYのライドはもちろん、沢山の荷物をパッキングしたキャンプツーリングもこのバイクだからこそ得れる楽しさです。

fwd01

子供時代、校区外へ飛びだした冒険心と見知らぬ土地への期待や不安、帰ってこれた達成感、そして次の冒険へのワクワク

そんな、今では忘れてしまいそうな懐かしい楽しさをWEEKENDER DROPと共にこの夏、思い出してみないでしょうか

梅雨の準備は割と簡単

梅雨目前、夏もゲリラ豪雨が当たり前になってきましたね

予期せぬ雨にも対応できる定番アイテムを入荷したよ

ASS SAVERS ¥1,200+tax~

as01

直訳でケツを守るよって言ってくれてる頼もしいやつらです。

泥除けってなんとなくかっこ悪いからつけたくないなーって人はだいたい持ってるこのシリーズ

着脱も簡単、サドルのレールに引っ掛けるだけ

as02

晴れの日は外して鞄にポイッとほりこんどいて下さい

カラーやサイズは色々

あなたの自転車に似合うかっこいいやつを選んでください

 

チネリ限定バージョンも入荷 SHREDDER ASS SAVER ¥2,200+tax

as03

見せびらかしたくなるかっこよさがさすがチネリですね!

ニューカラー展示中

今、最も注目のバイクブランドROCKBIKES

ブランドラインナップの中でもベーシックなロードバイク、SPITFIREのニューカラーが中崎輪業で絶賛展示中です。

SPITFIRE ¥130,000+tax

rbsf06

今回、リリースされたカラーはこれまでよりも一層ストリート色の強いモノ

Arctic White

rbsf02

クリーンなホワイトカラーにあわせて厭らしくない大人びたゴールドの差し色が車体の高級感を際立たせています。

今回こちらバイクはカスタムモデルとして、SIXTHCOMPONENTSのパーツをアッセンブルして展示中

Amethyst

rbsf05

自転車が溢れる大阪の町でも一際目を引くカラーなのは間違いないアメジスト

深みのある紫の車体は正に「艶」

日の光の下ではメインカラーのパープルが

夜の街に出ればサブカラーのスカイブルーが主張します。

昼夜で見るものの印象が変わる特別な1台です。

 

他にも

ミリタリーな雰囲気を醸し出したBattleship Gray

rbsf04

定番カラーのMatte Blackもパーツのカラーをカスタムして展示中

rbsf03

乗り手のイメージを常に刺激し続けるROCKBIKES

その魅力はなにより塗装の丁寧さ

目に映る印象の他にも、長く乗り続け、クリーニングをした時にここの違いが如実に現れます。

 

rbsf08 rbsf07

為替の影響により値上げ間近!

ゴールデンウィーク期間中に限り現在の価格で頑張ります!

 

ゴールデンウィークのツーリングはこっち!

ゴールデンウィークや夏休みにお盆休み

春から秋にかけての長期休暇は荷物を持って泊まりのロングライドがオススメ

自転車の醍醐味はレースだけじゃなくってキャンプや宿泊施設を利用したツーリングなんかも最近は注目されてますよね

そんなアウトドアな楽しみはFAIRDALE BIKESが打ってつけです。

fwd13

 

FAIRDALE

WEEKENDER DROP  ¥165,000+tax

fwd01

どんな路面状況でも走破するタフなタイヤ

天候に左右されず車体をコントロールできるディスクブレーキ

長時間のライドから身体への負担を軽減してくれるクロモリ製フレーム

まさに旅を楽しむのにうってつけな最高のバイクがWEEKENDER DROPです。

このバイクが目指すのはスピードの速さではないです。

 


 

前は1枚、後ろは10枚で構成されるギアは、トラブルの可能性をなるべく排除した上でアップダウンの大きな山道でも常に自転車に乗り続けられるようにとアッセンブルされています。

fwd02 fwd07


踏み面の大きなペダルは靴へのダメージも小さく、足への負担も軽減

fwd10


メカニカルディスクブレーキの中では定評のあるAVID BB7、よく効いてくれて尚且つ調整もし易い優れものです。

fwd08


使用コンポーネントはスラム、アメリカブランドらしいアッセンブルが全体の統一感を綺麗に纏めてくれています。

fwd09


ツーリングバイクとしての要、キャリア取り付けダボ穴とフェンダー取り付けダボ穴

バイクパッキングはツーリングカスタムは最近のマスト!

 

fwd06 fwd05 fwd04

 

 

 

当店では試乗用としてBLACKカラーを展示中、購入を検討する際には一度足を運んでみてください

fwd12

ハイボリュームで頼りがいのある

サイクリングに行く機会の増える春夏

出先のトラブルで多いパンクの準備はできてますか?

パンク修理の時に一番ネックなのが空気を入れる作業ですよね

ロード用の小さいポンプは携帯にはすごい便利やけど、全然入らんやんけ

シクロクロスやランドナー、クロスバイクといった太いタイヤのバイクがパンクした時、頼りになるこいつはどうでしょう

BLACKBURN OUTPOST HV ANYVALNE ¥5,800+tax

BBMP02

現在、市場で手に入るミニポンプで最大のエアボリューム

一般的なミニポンプと比べると一目瞭然

BBMP07

ポンプ本体のお尻にあるスイッチ「HV(ハイボリューム)」と「HP(ハイプレッシャー)」の切り替えで高容量と高圧の切り替えが可能

BBMP04BBMP05

700×42cのタイヤで試してみた所、僅か40ポンプ前後(高容量20/高圧20)で乗れる状態まで空気が入ります。

機能面はもちろんのこと、何より見てもらいたいのがデザイン性

取り付けたときのインパクトある大きさ

BBMP08

ブラックとブロンズの男らしいカラー

BBMP03

所有欲をくすぐるアイテムです。

コスパなロードバイクを始めたい(連休に見に来て欲しいという熱いメッセージ)

これまでの自分と少しずつ変わってくる新生活

新しくロードバイクを始めたいと考えてる人も多いと思います。

でもロードバイクってどれを買えばいいのかわかんないですよね

そんな人に乗って欲しい1台を入荷しています。

ROCKBIKES SPITFIRE \130,000+tax

rbsf01

 

今、数あるショップで売られているロードバイクのほとんどはヨーロッパ等の海外ブランド

しかしROCKBIKESは日本人デザイナーによるジャパンブランド

 

「日本だから良い製品なんですよぉ」もちろんそうなんだけど、

このブランドばっかりはそんな簡単な理由だけじゃなくて

日本人が日本人の為に作っているからこそオススメできるんです。

rbsf03

 

アメリカやヨーロッパの人と日本人の大きな違いは言わずもかな、その頭身

足の長さ、腕の長さ、胴の長さ、その割合が全く違う人種が同じ自転車に気持ちよく乗れるのかな?ってだけの話

もちろんどのブランドも多様なサイズ展開で小さいサイズのロードバイクは作っていますが

「日本人?サイズ小さくしとけばいいんだ?HAHA」なんてことかもしれません

設計の段階から日本人の為にデザインされたROCKBIKESのロードバイクは、まるで自分の為に誂えたスーツのように違和感無く楽しむことができるんです。

 

 

設計思想はそれだけに留まりません

rr18

日本の湿度の高い気候や、狭く、信号や起伏の多い道路事情も加味し

錆び難いステンレス製のボルトの使用

信号で止まっても加速しやすく、狭い場所でも取り回しやすいコンパクトな車体と

様々なポイントで他ブランドとの違いを見せ付けてくれます。

 

rbsf02

ROCKBIKESというブランドが持つ「お客様に良いモノを知ってもらいたい」という理念から

同価格帯の他ブランドのロードバイクと比べて1ランク良いモノを作り続けています。

その自信は製品の保証にも表れています。ROCKBIKESの全モデルのフレームには生涯保障のプログラムが組まれており、販売店としても安心してお客様に提供できる自転車を作ってくれています。

 

とか珍しく、うちらしくも無い真面目な事を書いちゃったけど

僕としてはオススメの自転車ってなにより か っ こ い い かなんですよね

レース主体のスポーティーなグラフィックが多いロードバイクというジャンルの中で、ROCKBIKESのようなクールでアバンギャルドなデザインに他とは違う魅力を感じちゃいますね

rbsf04